Stratus ztCエッジ 110i がプラントエンジニアリングプロダクトオブザイヤーを受賞しました。

Zero-touchエッジ コンピューティング プラットフォームが、オートメーション&コントロール部門で銀賞を受賞

マサチューセッツ州メイナード - 2020年5月14日 - 簡素化、保護、自律型エッジ コンピューティング プラットフォームの世界的リーダーであるストラタス・テクノロジーは、ztC™ Edge 110iでPlantEngineering'sProduct of the Year銀賞を受賞しました。

プロダクト・オブ・ザ・イヤーは、革新性と性能に基づいて、新製品や変革的な製品を投票で選ぶ読者のための賞プログラムです。32回目となるこの賞の主催者であるプラントエンジニアリングは、プラントマネージャー、エンジニア、メンテナンスの専門家が効率的、効果的、安全にビジネスを運営するための戦略的な製造知識を提供しています。

ストラタスのztCエッジは、堅牢で可用性が高く安全なエッジ コンピューティング プラットフォームで、分散したリソース不足の場所でビジネスクリティカルなアプリケーションを迅速、確実、かつ効率的に保護・保守します。セットアップ、構成、管理が容易な ztCエッジの自己保護および自己監視機能特長 は、計画外のダウンタイムを削減し、ビジネスクリティカルな産業用アプリケーションの継続的な可用性を確保するのに貢献します。

「ztCエッジ に投票いただいたPlant Engineering誌の読者の皆様、ありがとうございました。ストラタスのビジネスライン・マネジメント担当副社長 Jason Andersen は、次のように述べています。「Product of the Year に選ばれたことは、シンプルで保護された自律型エッジ コンピューティング プラットフォームを通じて、リソースが限られた環境でもお客様がより安全に生産性と効率を高めることができるようにするストラタスの献身を評価するものです。「当社のお客様は、遠隔監視・制御や高度な分析など、ビジネスのデジタル化に伴い、当社の ztCエッジ プラットフォームに信頼を寄せていただいています」と述べています。

 

Stratusについて

ストラタスは、最小限のリスクで予測可能な最高のパフォーマンスを実現するために、業務のデジタル化を進めるリーダー向けに、導入と保守が簡単で、中断や脅威から保護され、自律性を備えたゼロタッチエッジ コンピューティング プラットフォームを提供し、ビジネスに不可欠なアプリケーションの継続的な可用性を保証しています。40年にわたり、信頼性と冗長性に優れたゼロタッチ・コンピューティングを提供し、フォーチュン500のグローバル企業や中小規模の企業が、エッジ 、クラウド、データセンターにおいて安全かつリモートでデータを実用的なインテリジェンスに変換し、アップタイムと効率性を促進できるようにしています。詳細については、www.stratus.comをご覧いただくか、Twitter@StratusAlwaysOnと LinkedIn@StratusTechnologies をフォローしてください。