プレスリリース 2016年6月28日

ストラタス、スマートビルディング向けのAlways-Onインフラストラクチャでビル管理およびセキュリティを牽引

~ストラタスの新しいエンドツーエンド・ソリューションにより、ビル管理およびセキュリティ環境の統合と監視に最適な信頼性の高い基盤を構築可能に~

米国ストラタステクノロジー ニュースリリース抄訳

本リリースは、2016年6月21日(米国時間)に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2016年6月21日(米国時間)-マサチューセッツ州、メイナード発 高可用性ソリューションのリーディング・プロバイダ、ストラタステクノロジー(本社:米国マサチューセッツ州メイナード、社長兼最高経営責任者:David C. Laurello(デイビッド・C・ロレーロ)、以下ストラタス)は本日、スマートビルディング向けのストラタスAlways-Onインフラストラクチャによるビル管理およびセキュリティの推進に向けて、グローバルな展開をさらに強化していくと発表したことをお知らせします。

スマートビルディングの登場により、セキュリティからIT、照明設備、空調設備などにいたるまで、幅広い個別のシステムを監視し、制御する必要性が高まっています。このニーズにコスト効率良く対応する手段は仮想化されたプラットフォームの導入ですが、仮想化は単一障害点となる可能性があるため、耐障害性を備えたフォールト・トレラントな仮想化環境の構築が不可欠です。スマートビルディング向けに豊富な実績を持つAlways-Onインフラストラクチャを提供するストラタスの業界最先端の高信頼性仮想化ソフトウェアeverRun® Enterprise、およびeverRun Monitor powered by Sightline Assure®(以下、everRun Monitor)が提供するパフォーマンス監視機能が統合されることにより、複数ベンダーの異なるソリューションをシンプルに仮想化環境で利用することが可能になるとともに、サーバから仮想化されたアプリケーション、さらにカメラ、ドアロック、センサーにいたるまで、ビル管理ネットワーク全体を容易に監視できるようになります。

「スマートビルディングでは、環境の制御によってコスト効率が向上するとともに、保護機能およびアクセス制御機能が強化されビル内の人々や資産を確実に守ることができます。しかしながら、スマートビルディングへの転換は困難を伴うこともあります」と、ストラタステクノロジーのBusiness Line Management担当バイス・プレジデントであるJason Andersen(ジェイソン・アンダーソン)は述べています。「これは、既存のスマートビルティング・システムの大半が各々の専門分野でトップのベンダーによって個別に提供されたものであり、それらのシステムで使用されているプラットフォームがすべて異なっているということが原因です。ストラタスAlways-Onインフラストラクチャによって、ストラタスは異なるスマートビルディング向けのソリューションを仮想化し、ビル管理ソリューション全体を容易に監視することのできるシンプルで信頼性の高い単一プラットフォームをご提供します。」

「ストラタスは、可用性が必要不可欠な時と場所でトップクラスの真の可用性を提供するとともに、特定の市場セグメントのニーズに対応する実用的なソリューションを提供する企業として認知されています」と、Vernon Turner氏(Vice President of Enterprise Systems and IDC Fellow for The Internet of Things:IDCエンタープライズシステム担当シニアバイスプレジデント兼IoT担当フェロー)は語っています。「ストラタスのソフトウェアポートフォリオにおけるこの最新ソリューションでは、ストラタスのAlways-Onインフラストラクチャと強力な監視機能が統合されています。everRun EnterpriseとeverRun Monitorの統合によって提供される強固な基盤インフラストラクチャと可視性により、スマートビルディングの異なるインフラストラクチャの継続的な運用を管理するという課題に対処できると同時に、効率性の最大化とコストの削減が実現します。」

ストラタスは、スマートビルディングの効率性を最大限に高めるために必要となる、磐石なインフラストラクチャ基盤を提供します。

  • 仮想化対応プラットフォーム-オペレーターは少ないサーバ・ハードウェアで複数ベンダーのアプリケーションを実行可能になるほか、ダウンタイムの発生自体を防止して効率性のさらなる最適化、導入配備の簡素化そして投資効果の最大化が実現します。
  • 総合的なソリューション中心の管理用ダッシュボード-自動化インフラストラクチャ(デバイス、アプリケーション、ハードウェア)全体を管理できるeverRun Monitorの単一のダッシュボードにより、オペレーターはシステムパフォーマンスの問題を早期に特定して即座に対処し、ダウンタイムを回避できます。
  • 複雑性を排除した高可用性システム-高可用性/フォールトトレラント・ソリューションeverRun Enterpriseは特別なスキルが不要で容易に導入が可能、障害発生時でもサービス継続を実現。

ストラタステクノロジーについて

ストラタスは、今日の「Always-On World」環境において、止まらないアプリケーションの実現のための、インフラストラクチャを基盤とした可用性ソリューションの総合プロバイダです。ストラタスはアプリケーションの書き換えなしでエンタープライズサーバからクラウド環境に「Always-Onインフラストラクチャ」の迅速な移行、展開を可能にします。当社の柔軟性のあるソリューションであるソフトウェア、プラットフォーム、およびサービスは、システム停止を極限まで回避し、お客様の重要なビジネスシステム性能を連続稼動させることを保証します。
詳細は、www.stratus.co.jpをご参照ください。

本プレスリリースに関する報道お問い合わせ先

日本ストラタステクノロジー株式会社
マーケティング部 マーケティング・コミュニケーション担当
宮川
TEL: 03-3234-5562
Email: ftServer.jpn@stratus.com
URL: www.stratus.com/jp

ストラタステクノロジー米国本社
マーケティング本部 広報担当ディレクター
Sally Bate(サリー・ベイト)
TEL: +1 – 978-461-7518
Email: sally.bate@stratus.com
URL: www.stratus.com

登録商標について
Stratus、Stratus Technologies ロゴ、ftServer、ftServerロゴ、ftScalable、everRunは、Stratus Technologies Bermuda Ltd.の商標ないしは登録商標です。その他の文中に引用された社名/製品名/サービス名については、各々の会社の商標ないしは登録商標であり、各所有者が商標権を保持しています。