日経BP主催 「DIGITAL Foresight 2020」に協賛しました

弊社は、2019年12月6日(金)にホテル雅叙園で開催されました、日経BP総研 イノベーションICTラボ主催のセミナー、「DIGITAL Foresight 2020」に協賛いたしました。このセミナーは、デジタルイノベーションによるビジネス変革を実現するために、2020年以降に起こる様々なトレンドを予測し大変革の時代にビジネスを勝ち抜くヒントを提供するというテーマで開催されました。

弊社講演に先立ち、日経SYSTEMS編集長 森重 和春様より『DXで加速する「エッジ」活用の最新事情』と題し、エッジコンピューティングがなぜ注目されているのか、どのような活用領域があるのか講演が行われました。続いて、弊社代表松本芳武が「AI時代のものづくり現場をささえるエッジコンピューティング」をテーマに、ストラタスの取り組みのほか、エッジコンピューティングにかかわるマーケット状況やお客様の導入例のご紹介をいたしました。

エッジコンピューターと、ラグビーのスクラムハーフの役割は似ているということ、さまざまなスクラムハーフがいるように、エッジコンピューターにも様々なタイプがあるという説明について、わかりやすいたとえで、いままでよくわからなかったエッジコンピューティングの理解が深まったとのお客様の声もいただきました。

多くのお客様にご参加いただき、改めてお礼を申し上げます。ストラタスは今後もエッジコンピューティングのリーディングカンパニーとして、様々な情報発信を続けてまいります。