ストラタスの最新リリースLinux- ベースのフォールトトレランスおよび仮想化ソフトウェアエッジ インフラストラクチャーの能力を強化

Stratus RedundantLinux 3.0 および StratuseverRun 8.0は、オープンプラットフォームのサポートを強化します、
エッジ インフラ管理を簡素化し、OS パフォーマンスを最大 30% 向上させます。

マサチューセッツ州メイナード- 2024年5月21日 - SGH(ナスダック:SGH)傘下で、エッジ およびデータセンター向けの簡素化され、保護され、自律的なコンピューティング・プラットフォームにおけるグローバルリーダーであるストラタステクノロジーズ・インク(以下、ストラタス)は本日、Stratus ztCエッジプラットフォーム向けLinux-ベース・オペレーティング・システムの最新バージョンであるStratus RedundantLinux (SRL) 3.0と、異種x86ベースのコンピュート・インフラストラクチャにフォールトトレラントなパフォーマンスを提供する継続的可用性ソフトウェアの最新版である® 8.0のリリースを発表しました。 everRun異機種混在の x86 ベースのコンピュート・インフラにフォールト・トレラントなパフォーマンスを提供する継続的可用性ソフトウェアの最新版

「ストラタスの仮想化機能を内蔵した継続的可用性ソフトウェアの最新リリースは、Linux 環境を継続的に運用するための鍵であると同時に、より高いパフォーマンスとセキュリティを実現し、複数の仮想マシンモードを可能にし、ユーザがさまざまなシナリオでより多くの機能を利用できるようにするものです」と、Shanghai Hi-Tech Control System Co., Ltd.のインダストリアル・コンピューティング・プロダクト・マネージャ、Wei Zhang 氏は述べています。「さらに、オープンな RESTful API インターフェースは、より多くの IT および OT システムと統合でき、OT の現場担当者による監視と保守を容易にします。ストラタスのeverRun ソフトウェアは、より多くの産業で使用され、顧客の事業継続性の向上とコスト削減を支援します。"

ストラタスは、Ubuntu ディストリビューションを使用したLinux 開発へのコミットメントを継続し、ビルトイン耐障害性と仮想化を組み合わせた独自のオープン環境を提供します。SRL 3.0とeverRun 8.0は、エッジ の管理性を簡素化し、セキュリティを向上させ、パフォーマンスを旧バージョンより最大30%向上させることで、ユーザーはダウンタイムやデータ損失なしに複数のミッションクリティカルなアプリケーションを実行することができます。

「ARC Advisory Groupのコンサルティング担当バイスプレジデントであるクレイグ・レズニック氏は、次のように述べています。「企業は、エッジ インフラストラクチャを迅速に近代化し、基盤となるコンピュートインフラストラクチャの信頼性を最大限に確保することで、ソフトウェアによるイノベーションを実現し、エッジ データを活用して洞察力を高めるという、2つの課題に直面しています。「管理を簡素化し、ITへの依存を軽減するオープンな環境でこれを実現することは、より俊敏で弾力性のあるビジネスを実現するために最も重要です。

Stratus RedundantLinux 3.0 により、エッジ 管理性が簡素化され、パフォーマンスが最大30%向上。

Stratus RedundantLinux は、ztCエッジのオペレーティング・システム(OS)であり、ビルトイン仮想化と、すぐに利用可能な高可用性とフォールト・トレランスの両方を実現します。ztCエッジ を使用することで、企業はエッジ コンピューティング インフラストラクチャを導入し、IT スタッフが限られている支社や険しい工業地帯など、企業外でダウンタイムやデータ損失なしにミッションクリティカルなアプリケーションを実行することができます。

Stratus ztCエッジ は、OT および IT チームがエッジ インフラストラクチャを迅速に近代化・拡張し、より効率的で柔軟、かつ将来を見据えた運用を実現できるように設計されています。SRL 3.0 は、ztCエッジ 100i、110i、200i、250i プラットフォームとの下位互換性があります。

SRL 3.0がztCエッジ プラットフォームにもたらす新しい特長 と機能強化は以下の通り:

  • エッジ 管理性を拡大する新しいAPI - SRL 3.0では、ローカル・コントロール・ルーム、クラウド、またはシングル・ペイン・オブ・グラスのオペレーション・センターからのリモート管理とプラットフォームの健全性の可視化のためのRESTful APIコールが20種類以上追加されました。これらのAPIにより、Stratus ztCエッジ プラットフォームの管理が簡素化され、エンドユーザは好みのITツールを使用して他のデバイスと一緒にプラットフォームを管理することができます。
  • パフォーマンスが最大30%向上- SRLの最新バージョンは処理効率が向上しており、旧バージョンのSRLを実行するztCエッジ プラットフォームと比較してパフォーマンスが大幅に向上しています。
  • より多くのLinux ゲスト OS をサポート - SRL 3.0 は、CentOS Stream、Oracle EnterpriseLinux 、Red Hat EnterpriseLinux 、Ubuntu Server などの最新のLinux を含む、サポートするゲスト OS のリストを拡張しています。SRL 3.0 がサポートするWindows およびLinux ゲスト OS の全リストについては、Stratus ztCエッジ ゲスト OS サポートページをご覧ください。
  • サイバーセキュリティのユースケースに対応する非冗長仮想マシン- ztCエッジ のペア/デュアル導入構成において、エンドユーザは選択した仮想マシン(VM)を非冗長仮想マシンとして指定することができます。この機能により、ITチームは脅威スキャンと一方向トラフィック監視用に単一の非冗長仮想マシンを設定することで、マルウェアの拡散を防ぐことができます。
  • UbuntuLinuxベースの開発への移行 - SRL 3.0 で、ストラタスは従来の CentOS ベースのLinux 開発から、Linux の最大かつ最も普及しているバージョンである UbuntuLinux に移行しました。この変更により、Linux 開発の長期的なロードマップが確保され、一般的な脆弱性と暴露(CVEs)およびその他のパッチの定期的なサポー トが保証されます。

everRun 8.0により、新規および既存のx86インフラストラクチャの耐障害性能を拡張

ストラタスのeverRun ソフトウェアは、オープンな標準ベースのLinux 環境で異種 IT インフラにフォールト・トレ ランスを提供し、アプリケーションの中断やデータ損失がないことを保証します。また、SRL 3.0 の特長 と機能性、Linux ベースのフォールト・トレ ランスと仮想化を、新規および既存のインテル x86 サーバー・インフラに導入することも可能です。さらに、everRun 8.0では、インテルの第4世代Xeon® Scalableサーバー・プロセッサーのサポートも追加されています。

永久ライセンスであるeverRun 8.0 は、ストラタスとサポート契約を結んでいるお客様であれば、無償でダウンロードおよびアップグレードが可能です。

Stratus、ztCエッジ 、およびeverRun は、SMART Global Holdings, Inc.の完全子会社である Stratus Technologies Ireland Ltd.が所有する商標です。その他すべてのロゴ、商号および商標は、それぞれの所有者に帰属します。これに対していかなる請求も行われません。

ストラタステクノロジーについて

最小限のリスクで予測可能な最高のパフォーマンスを実現するため、デジタル変革に取り組むリーダー企業に対して、ストラタスは、導入と保守が簡単で、中断や脅威から保護され、自律的なゼロタッチ・プラットフォーム(エッジ コンピューティング )を提供することにより、ビジネスクリティカルなアプリケーションの継続的な可用性を保証します。ストラタスは 40 年間にわたり、信頼性と冗長性に優れたゼロタッチ・コンピューティングを提供し、フォーチュン 500 社に選ばれたグローバル企業や中小企業が、エッジ 、クラウドおよびデータセンターにおいて、安全かつリモートでデータを実用的なインテリジェンスに変換し、アップタイムと効率性を高めることを可能にしてきました。詳細については、www.stratus.comをご覧いただくか、X@StratusAlwaysOnおよび LinkedIn@StratusTechnologies をフォローしてください。

メディア連絡先

モーリーン・オレアリー、コミュニケーション・ディレクター

SGH / ストラタス向けインテリジェント・プラットフォーム・ソリューション

[email protected]

.