ストラタス、アトランタで開催された第25回年次自動化フェアにロックウェル社の一員として参加

ストラタスがどのように自動化の近代化をサポートしているかについて、ストラタスのブース#1463をご覧ください。

マサチューセッツ州メイナード、2016年11月7日 - ストラタス・テクノロジーズ(Stratus Technologies, Inc.は本日、2016年11月9日~10日にジョージア世界会議場(Georgia World Congress Center)で開催される第25回年次ロックウェル・オートメーション・フェアのスポンサーシップを発表しました。

"ストラタス・テクノロジーズのグローバル・コーポレート・マーケティング担当副社長であるEJ Schmidtは、次のように述べています。「今年もロックウェル・オートメーション・フェアのスポンサーを務めることができ、大変嬉しく思います。"このイベントは、当社のグローバルキャンペーン「Modernize Automation」の開始と重なるため、当社にとっては特にタイムリーなイベントです。老朽化したオペレーショナルテクノロジー(OT)インフラストラクチャは、プラントの効率を高め、アプリケーションの統合から利益を得て、より高い資産収益を得るために、産業界の企業はオートメーション環境の近代化を余儀なくされています。SCADA、HMI、Historian、MES などのアプリケーションへの依存度が高まる中、予定外のダウンタイムをなくすことがさらに重要になり、ストラタスのリスクのない仮想化は導入を成功させるための必須条件となっています。

ストラタスが自動化の近代化をどのようにサポートしているか、また、ダウンタイムを防止し、仮想化のリスクを軽減し、平均寿命6年以上を実現する実証済みの耐障害性プラットフォームである Stratus ftServer® のライブデモをご覧ください。また、次のためのツールとベストプラクティスを網羅した、ストラタスの新しい自動化近代化ベストプラクティスキットにアクセスすることができます。

  • SCADAおよびICS資産の無計画なダウンタイムを排除します。
  • 近代化されたOTでパフォーマンスを向上
  • 仮想化で効率を最適化し、プラントのイノベーションを促進
  • IIoTや新興アプリケーションに対応した将来性のあるOTシステムの開発

ストラタスブースでのライブデモに加えて、ストラタスのビジネス開発担当ディレクターであるフランク・ヒルが、待望のトラック「Virtualization for the Connected」をお届けします。

このセッションでは、「Connected Enterprise」の実現に向けて、最新のインフラストラクチャをサポートするために、データセンターの外に仮想化を実装する最善の方法について説明します。このセッションは、11月9日(水)と10日(木)の午前9時に開催されます。

最新のニュース、アップデート、情報については、Twitter(@StratusAlwaysOn)でフォローするか、ウェブサイト(www.stratus.com)をご覧ください。

ストラタステクノロジーズについて

ストラタス・テクノロジーズは、今日の常時稼働の世界でアプリケーションを継続的に稼働させるためのインフラストラクチャベースのソリューションを提供するリーディング・プロバイダです。ストラタスは、企業のサーバーからクラウドまで、アプリケーションに変更を加えることなく、常時稼働のインフラストラクチャを迅速に展開することを可能にします。ストラタスの柔軟なソリューション(ソフトウェア、プラットフォーム、サービス)は、ダウンタイムが発生する前にダウンタイムを防止し、重要な業務のパフォーマンスを継続的に確保します。詳細については、www.stratus.com をご覧いただくか、Twitter の @StratusAlwaysOn をフォローしてください。

Stratus および Stratus ロゴは、Stratus Technologies Bermuda Ltd. の商標または登録商標です。その他のすべてのマークは、それぞれの所有者に帰属します。

メディア連絡先

サリー・ベイト
コーポレート&マーケティング・コミュニケーション ディレクター
+1 978-461-7518
sally.bate@stratus.com