ビジネス クリティカル アプリケーションの可用性の実現に貢献

経営陣

ストラタス デイブ・ラウレルロ

デビッド・C・ロレーロ

社長兼 CEO、取締役会会長

デビッド・ロレーロは 2000 年より社長兼最高経営責任者として、高可用性テクノロジーのマーケットリーダーから、幅広い業界向けのフォールトトレラントおよび高可用性コンピューティングプラットフォームのリーダーへと進化するストラタスを率いています。ストラタス再入社以前は、Lucent Technologies においてコンバージドネットワークソリューションのバイス プレジデント兼事業部長を務め、エンジニアリング、プロダクトマネジメント、マーケティングを担当していました。Lucent Technologies 以前は、Ascend Communications においてバイス プレジデントとして、搬送波信号/管理事業部を統括していました。1995 年から 1998 年にかけては、ストラタスでバイス プレジデントとしてハードウェア エンジニアリングと製品計画を統括した経験があります。ストラタス入社前は、Digital Equipment Corporation において、いくつかのエンジニア関連の上級管理職を歴任しています。

デビッドはマサチューセッツ大学で電子工学専攻の学士号と MBA を取得しています。Massachusetts High Technology Council とローウェル大学のマニング スクール オブ ビジネスの顧問も務めています。

ウォルター・ロー

CFO (最高財務責任者)

ウォルター・ローは、2019 年に CFO としてストラタスに入社し、CFO としての役割に加え、ストラタスのグローバル IT の広範な分野を監督しています。ストラタス入社以前は、Mavenir で 2 年以上にわたり CFO としてグローバルの財務業務とプロセスの責任者を務めていました。Mavenir 以前は、Xura Inc のエグゼクティブ バイス プレジデント兼 CFO、その前は、2007 年より Siris Capital Group のオペレーティング エグゼクティブを務めました。ウォートン校で経済学、ペンシルベニア大学で工学と応用科学の学位を取得後、ゴールドマン・サックスの M&A グループでキャリアをスタートしました。グローバル ファイナンス、企業戦略、プライベート エクイティ、投資銀行業務の分野で幅広い経験があります。

ジェイソン・ディトリッヒ

最高収益責任者

20 年以上にわたる販売および事業運営の経験を元に、2018 年に CRO としてストラタスに入社し、グローバル セールス、マーケティング、事業開発の取り組みを統括しています。ストラタス入社以前は、PTC にて製造およびコネクテッド運用環境に同社の IIoT プラットフォームを導入する世界規模プロジェクトの責任者として活躍。PTC 以前は、Schneider Electric の Invensys ソフトウェア部門で業務執行ビジネスを率いていました。リーハイ大学で化学工学の学士号と MBA を取得しています。

ジョン・ビセンテ

CTO (最高技術責任者)

ジョン・ビセンテは、2019 年に最高技術責任者としてストラタスに入社し、テクニカル エバンジェリストとしてストラタスの Edge および IoT ランドスケープの開発ならびに推進を統括します。彼は、ストラタスのビジネスライン管理、エンジニアリング、およびフィールド GTM チームのメンバーと緊密に連携します。

ストラタス入社前は、インテルで 25 年にわたり、様々な責任ある役割を果たしてきました。直近の役職では、産業用 IoT の CTO オフィス運営、プロセス & ディスクリート製造、石油 & ガス、スマート ビルなどの幅広い産業分野に携わりました。また、現在のインテルの産業用エッジ コンピューティング技術と製品のアーキテクチャ戦略とロードマップの定義に尽力しました。インテル入社前は、Digital Equipment Corporation に 7 年間勤務し、様々なエンジニアリングの役割を果たしました。ジョンはコロンビア大学で電気工学の博士号、南カリフォルニア大学で電気工学およびコンピュータ工学の修士号、そしてノースイースタン大学で電気およびコンピュータ工学の学士号を取得しています。

ダラ・アンブローズ

エンジニアリング担当バイス プレジデント

ダラ・アンブローズは 1997 年にストラタスに入社し、エンジニアリング担当バイス プレジデントに任命されるまで、様々なエンジニアリング管理職を務めてきました。キー テクノロジー パートナーや開発パートナーとの関係維持を含め、全てのストラタス製品開発の指揮を執っています。

ダラは、ダブリンでファームウェア開発チームのリーダーとしてストラタスに入社しました。最初の Stratus ftServer 製品を開発したチームの一人で、そのあとの複数の世代にわたる ftServer の開発チームのリーダーを務めました。Marathon の買収の後、ダラは Marathon ソフトウェア製品とストラタスのソフトウェア製品を統合するチームのリーダーも務め、everRun Enterprise 製品セットを生み出しました。

ストラタスに入社する前は、Ashling Microsystems で組み込みシステムのソフトウェア開発ツールを開発し、DATAC Control International では SCADA 製品を担当するエンジニアリング チームのリーダーを務めていました。ダラはアイルランドのリムリック大学でエンジニアリングの学士を取得し、ACCA で会計・財務学の認定ディプロマを取得しました。

ジェイソン・アンダーソン

ビジネスライン管理担当バイス プレジデント

ジェイソン・アンダーソンはビジネスライン管理担当バイス プレジデントを務め、ストラタスの製品とサービスの製品ロードマップと Go-To-Market 戦略 (市場参入戦略) の設定を担当しています。設置型インフラストラクチャとクラウドベースのインフラストラクチャの両方について熟知しており、約 20 年にわたって製品とサービスの市場投入において優れた実績をあげてきました。

2013 年にストラタスに入社する前は、Red Hat の製品ライン管理部門のディレクターとして、Go-To-Market 戦略、製品の導入と立ち上げ、JBoss アプリケーション製品の製品マーケティングを担当していました。また、それ以前には Red Hat と IBM ソフトウェアグループで製品管理も行っていました。

デビッド・ハリントン

サービス提供およびサプライ チェーン担当バイス プレジデント

デビッド・ハリントンは、ストラタスのサービス配信とサプライ チェーンを担当するバイス プレジデントです。2009 年にストラタスに入社し、ストラタスの委託製造業者に関する調達、品質管理、および管理を含む、ストラタスのグローバル サプライ チェーンと製造業務に関する全ての面を指揮しています。前職では、Egenera Inc. でサプライ チェーン業務および製造担当のバイス プレジデントを5年間務めました。また、それ以前には、Allied Supply Chain Solutions を共同設立して社長を務め、Narad Networks、ACT Manufacturing、および Data General でも上級管理職を務めています。ウェストフィールド州立大学を卒業し、経済学専攻の文学士を取得しています。

ボブ・ケレグリュー

人事担当副社長兼法律顧問

ボブはストラタスの人事および法律顧問のバイス プレジデントで、創業間もない非公開企業から数億ドル規模の公開企業まで 25 年を超える人事および企業法務経験を持ちます。前職は 1 億ドルのメディア広告分野の公開企業 Tech Target の法律顧問兼秘書のバイスプレジデントを務めました。Tech Target 以前は 1 億ドルのテクノロジー企業/SaaS ソフトウェア会社Emptoris Inc(IBMにより買収)の人事および法律顧問のシニアバイス プレジデントを務めました。さらに、SpeechWorks International (2003 年に Nuance により買収)、Picturetel Corporation および FTP Software など多くのテクノロジー企業で活躍していました。ストラタスでは法律顧問補佐および北米担当顧問としての役職も務めていたこともあります。幅広い法律知識を持ち、合併、買収、戦略的提携、コーポレート ガバナンスおよび重要な契約管理を含む多くの重要なプロジェクトで中心的な役割を果たしています。

上級管理職

松本芳武

日本ストラタステクノロジー株式会社 代表取締役社長

ストラタス ジャパンの社長で、戦略、販売、サービスおよびサポートを含む日本で展開する全事業を統括しています。過去には国内各種の経営職を経験し、テクノロジー分野における豊富な知識と経験を有しています。最近では日本の大手ディストリビュータの一社、シネックスインフォテック株式会社にて代表取締役社長兼 CEO を務めました。シネックスの以前は Hewlett-Packard にてアライアンス部長、エンタープライズ ストレージおよびサーバ事業部長を含む要職を務めています。

ジム・ロビショード

セールスオペレーション担当バイス プレジデント

ジム・ロビショードは 1988 年にストラタスへ入社し、ワールドワイドセールスおよび業務担当のバイス プレジデントに任命されるまで、様々な会計関連の管理職を務めました。販売戦略とプロセスの計画と実行を含め、世界中の販売業務のすべての面を指揮しています。アサンプション大学で会計学士と MBA を取得しています。

リチャード・シャロッド

ヨーロッパ・中東・アフリカ (EMEA) 地域販売およびサービス担当バイス プレジデント

2019 年 3 月に EMEA のバイス プレジデントに就任したリチャード・シャロッドは、ヨーロッパ、ロシア、アフリカ、中東での販売、サービス、事業開発に関する全イニシアチブの指導的役割を担っています。1987 年にストラタスに入社し、アフリカおよび中東地域における販売および事業開発担当ディレクターとしての直近の任務を含め、ストラタスで重要な複数の役職を歴任してきました。南アフリカに販売およびサポートの子会社を設立し、それによりアフリカ大陸全土に拡大するチャネル中心の販売モデルを構築するなど、EMEA 地域の成長促進を牽引してきました。顧客に対し、そして、顧客事業の好調維持に対して熱意を持って取り組んでいます。

エドワード・チョウ

アジア太平洋 (APac) 地域販売およびサービス担当バイス プレジデント

エドワードは 2019 年 に Apac の販売およびサービス担当バイス プレジデントとしてストラタスに入社しました。この役職で、当該地域全体の売上と収益性の成長推進、ならびにエッジ コンピューティングや IoT 市場の開発に関する戦略的焦点の啓発を担当しています。20 年以上にわたり、情報テクノロジー企業と産業ソリューション企業の両方で経験を重ね、販売、マーケティング、事業開発、サービス、運用、および金融分野で数多くの指導的役割を果たしてきました。 ストラタスの前は、TSI のアジア太平洋本部で本部長を務めていました。 キャリアを通じて、異文化間チームおよびマトリクス組織を率いて、中国、日本、台湾、カナダ、シンガポールで複数の国際任務に当たりました。 ウォータールー大学で電気工学の学位、トロント大学で MBA を取得しています。 また、CFA 協会認定証券アナリスト (CFA) の資格も取得しています。

ジョセフ・リッチ

南北アメリカ(Americas)地域販売およびサービス担当バイス プレジデント

ジョセフ・リッチは、南北アメリカ地域販売およびサービス担当バイス プレジデントとしてストラタスに参画しました。Joeは、アメリカ大陸地域全体の収益と利益率の成長を推進するとともに、エッジベースおよび産業用オートメーション市場の開拓に戦略的な焦点を当てる責任を負っています。

ストラタス入社以前には、製造エンジニアからスタートし、さらには販売および販売部門のリーダーとしての役割を担うなど、産業オートメーション分野で20年もの経験があります。直近では、Belden Corporationで4年半にわたり傘下のProsoft Technologyのグローバルセールスおよびマーケティング部門、同じく傘下のTripwireの南北アメリカ地域販売部門を率いていました。