仮想化環境の可用性を最大に

仮想化されたアプリケーションの最大の信頼性を担保

仮想化が主流になるにつれて、仮想マシンの作業負荷がビジネスにとって致命的な割合を占めるようになっています。現在多くの企業が、基幹系アプリケーションを仮想化し、クラウド インフラストラクチャの設計を IT 戦略に含めようとしています。

次のようないくつかのトレンドによって、IT基盤の仮想化の動きが促進されています。

業務・サービスの自動化 – 製造や警備など、従来、人によって繰り返し行われていたプロセスをもつ産業では、自動化プロセスを導入して効率性を向上させています。 自動化を導入する企業や産業が増えるとともに、サーバの可用性の重要性も高まります。

セルフサービス式のアプリケーション – オンライン ショッピングは消費者に急速に浸透しました。2012年における米国の e コマースの売上は2890億ドルに上り、2016年には3619億ドルに達すると予測されています。1サー バを用意すれば、人が介入することなく、何百人あるいは何千人もの消費者がアプリケーションを介してセルフサービスを利用できるようになるため、大きなメ リットをビジネスにもたらします。ただし、これらのサーバがダウンすると、ビジネスやサービスは停止し、顧客の満足度が低下、バイヤーは他のサイトへと移 動してしまいます。

モバイル デバイスのためのユビキタス接続 – 社員が社外で仕事をするために、また、消費者が必要な情報にアクセスするために、外出先でのデータへのアクセスやコンピューティングなどが必要となります。

従 業者や消費者がテクノロジーに慣れ、企業があらゆるプロセスを最大限活用するために仮想化を採用すると、いずれかのサーバで可用性の問題が生じた場合のリ スクが発生します。つまり、サーバのダウンタイムを防止することで、企業と消費者の時間とお金を節約できるのです。たとえ短時間のシステム停止でも、 「Always-On」環境の復旧には高いコストが発生します。仮想化を検討し始めると、安定した信頼性に対するニーズは飛躍的に増加します。

十 分なスタッフを抱える大規模のデータ センターでも、専任のIT管理者のいない中小企業でも、Stratusはお客様の特定の要件に応えるさまざまな仮想化ソリューションをご提供しています。 Stratusのソリューションでは、エンタープライズ サーバからクラウドまで、アプリケーションの変更や特別な専門知識不要で、「Always-On」のインフラストラクチャを短期間で構築できます。 Stratusの監視サービスと、「Always-On」のハードウェアソフトウェア環境、仮想化テクノロジーを融合し、お客様が仮想化環境に必要とする信頼性を実現します。

主なソリューション

Stratus のサポート テクノロジーはStratusのプラットフォームとソフトウェアのソリューションに組み込まれており、障害を自動的に検出して対処し、高度なオンライン リモート サービスを提供します。仮想化環境をサポートするために必要なインフラストラクチャと専門知識に関しては、Stratus にお任せください。

  • Stratus® Uptime Appliance for VMware® vCenter™ Server – Stratus Uptime Appliance for VMware vCenter Server は、vCenter Server のダウンタイムの防止と、単一障害ポイントを排除し、仮想アプリケーションとクラウド アプリケーションのビジネスクリティカルな機能を保護します。
  • ビジネスクリティカルなアプリケーションの仮想化 – Stratus サーバは、最も重要な基幹系アプリケーションに対し、他製品を凌駕する可用性の担保と最高のパフォーマンスを提供します。
  • 無停止型ftServer®システムは、最高レベルの可用性とデータ保護を担保し、Microsoft® Windows Server®、Red Hat® Enterprise Linux®、および VMware® vSphere™ の各オペレーティング環境に対応しています。
  • everRun®  ファミリのソフトウェア ソリューションは、仮想化機能を備えており、お客様の最も重要な環境にフォールト トレランス、高可用性、ディザスタ リカバリとシステム監視を提供します。
  • Avance® ソフトウェアは、仮想化機能を標準搭載し、高可用性を低コストで実現します。特別な専門知識や IT 担当者を必要とせず、容易に導入できます。
Share