エッジ コンピューティングにおける継続的な可用性ニーズ

重要な IT インフラにもかかわらずスタッフと可用性が不足する領域

企業の成長につれ、IT インフラが拡大するとともに、潜在的に障害をもたらすポイントも増加します。ネットワークの終端ほど恐ろしいものはありません。多くの企業にとって、機械の 24 時間無人運用であれ、拡大するユーザーのネットワークであれ、ネットワークの終端つまり「エッジ」で最も重要な処理が行われており、そのニーズはますます増大しています。ほとんどの場合、計画通りにすべての業務が実行されることを確認する役割を担う IT インフラ担当スタッフはごくわずかしかいません。このいわゆるエッジ コンピューティングにより、製造、輸配送および通信などの分野で多くの課題が突きつけられています。その中でも最大のものは、重要業務を実行するためにアプリケーション(およびサーバー)を常に利用できる状態にしておくという課題です。

エッジ コンピューティングの計算ニーズ

IT インフラ全体ではさまざまなレベルの可用性が存在しますが、エッジ コンピューティング、一流の高可用ソリューション、そして多くの場合フォルト トレラント ソリューションの導入が最適な結果を得られる唯一の方法です。エッジ コンピューティングでは多階層の計算領域が必要になります。企業の多数の業務はデータセンターに近接しているため、つまり直接接続しているために機能し、柔軟性が保たれています。一方で、終端で実行しているアプリケーションは必ずしもデータセンターの計算能力や信頼性を活用できるわけではなく、期待される業務効率の実現に必要なデータ一貫性の確保、情報の分析、提案の通知ができるわけでもありません。エッジ コンピューティングを駆動するソリューションでは、業務を遂行する処理能力を提供するだけでなく、関連するすべての処理について改善できるようデータの分析ができるようにしておくことが大切です。エッジ コンピューティングを正しく計画すれば、ネットワークを移動するデータを少なくできるため、ボトルネックが少なくなり、インフラの空き容量を増やせるため、構築されるネットワークの終端でより強力な計算能力を発揮することが可能になります。

エッジ コンピューティングの IT 簡素化

さらに、通常、エッジ コンピューティングで処理する業務の管理を担当するスタッフは(もしいればの話ですが)必ずしもシステム障害を修復するのに必要な専門スキルを持ち合わせていません。そのため、重要アプリケーションが稼動するサーバーは冗長化して構築し、事業継続を保証する必要があります。ほとんどの企業はある程度障害復旧計画を導入していますが、エッジ コンピューティングの復旧は選択肢に含まれていないかもしれません。

Stratus Technologies が保証するエッジ コンピューティングの可用性

Stratus Technologies は可用性を提供するリーディング カンパニーです。他に先駆けて常時稼動(Always-On)を実現するソリューションを開発してきました。Stratus の ftServer® システムは、重要なビジネス アプリケーションとサービスでのダウンタイムとデータ損失を防止します。これらのサーバーでは、他の高可用性/仮想化ソフトウェア ソリューションのデプロイと管理につきものの複雑性やコストが排除されます。Stratus のeverRun は x86 サーバーのダウンタイムを防止するソフトウェアです。メインフレームと同様の可用性で Windows® と Linux® 環境におけるアプリケーションの稼動を維持し、事業継続性とデータ整合性を担保します。Enterprise はフォールトトレランスを提供し、Express は高可用性を提供します。お客様が無停止サーバーを必要とする事業主であれ、市販の最強のソリューションをお求めの企業であれ、エッジ コンピューティングの可用性を保証するため Stratus がお役に立ちます。

Share